【歯学博士・料理研究家】田沼敦子公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 建築家栗生先生のご自宅へ・・・。 

<<   作成日時 : 2015/05/20 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015.5.17.夜、トーちゃんとコダヌキ2といっしょに、建築家で千葉大学大学院教授の栗生明先生ご夫妻のお宅に伺いました。その前に、カジュアルなイタリアレストランで食事会。ことの発端は、コダヌキ2が、今月下旬からイタリアで個展を開くとか・・・。ならば〜と、イタリア在住の建築家の方をご紹介くださるということになり、タイミングよく帰国されておいでの渡邊泰男氏をご紹介いただきました。

文京区小石川にある立派な「桜並木」通りの近くにある「コパン」にて夕食を。
画像


画像

    
画像


栗生先生ご夫妻がお薦めのものは、何を食べても水準以上・・・。ナールホド〜。ご紹介いただいた渡邊泰男氏は、イタリアはマルケ州、ノヴィラーラ在住。なんと、600年くらい前に建てられた城壁の中にある旧い家を買われ、改修してお住まいだそうです…。購入してから相続人が30名を超えていることが分かり、その追跡調査と交渉に3年、さらに住める状態にするまでに2年・・・・と、気が遠くなるようなモロモロをクリアされてのお住いだとか・・。中村好文著『建築家のすまいぶり」の中に、詳しい経緯が書かれています。

           
食後「デザートはわが家で〜」とうかがった栗生先生のご自宅。マンションのドアを開けたらなあんともスッキリスマートな内装、品格ある「大人の住まい」です・・・。何回も改修なさったとお聞きし、住むことに「情熱」をもたないと快適には住めないことを痛切に感じました。
お茶室風のお部屋にある座椅子をパッと見たとき「あ、俵屋の椅子!」と思わず叫んでしまいましたがオー当たり〜。注文して半年がかりで入手なさったとか・・・。だってスコブル存在感ある籐椅子ですもの・・・・。


次から次へと共通の友人、知人たちの話が続き、愉しいひとときを過ごさせていただきました。イタリア人は、友達の友達は友達〜というように割合おおらかな人間関係が築ける人々が多いそう・・・。ならば〜と、コダヌキ2は「栗生先生の親戚?!」ということでご紹介くださるとか・・・。ということは、私たちも「ニワカジコミノシンセキ」・・? で、またまた話が盛り上がりました。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
建築家栗生先生のご自宅へ・・・。  【歯学博士・料理研究家】田沼敦子公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる